このページをつくった理由

2012年にKESENが復活すると知ったとき、ケセンでキャンプできると知ったとき、
嬉しくて嬉しくて、どうにかして何かの役に立ちたくていてもたってもいられず、

「キャンプのお手伝いをさせてください!」

と、KESENの実行委員会へ連絡をしました。


-------

 
私が初めて種山に行ったのは2009年のKESEN ROCK FES。
まだKESENがキャンプなしの1day開催だったころ。

その日は一日中、笑えるぐらいの豪雨でした。

機能的な雨具など準備できていなかった私は、朝から全身ずぶぬれ。
日帰りだからと着替えもたいして持ってなくて。
それにしたって!今思えば考え甘すぎますが・・・笑
準備の悪い自分を恨みつつ、とにかく一日中寒くてどうしようもなくて。

そんな中、自分もずぶ濡れなのに申し訳無さそうに丁寧に、傘をたたんでと呼びかけたり
凍える参加者の為に焚き火をしてくれたスタッフさんの姿が何よりも印象に残りました。

走り回って大変そうだけど、みんなすごく一生懸命で、参加者の事を思っていることが伝わってきて、そのおかげで、参加者は雨でもみんな楽しそうで。


この世に、こんなに主催者の顔の見えるすんばらしい音楽フェスがあるのかと感動しました。


実はこの時、私は音楽フェス超初心者でアウトドア遊びも全く経験無し。
フェスやフェスでのキャンプ泊にとても興味はあったけど、インドア派な私には到底できない、アウトドアとフェスに慣れ親しんだ大人達だけに許される崇高な遊びのような気がしていたんです・・・(何故だろう。笑)


しかし!


KESENの素晴らしさに感激した私は
その日の帰りのバスの中、静かに決意しました。

『いつかこのフェスがキャンプインの2DAYになった時には絶対にこの場所でキャンプしてやるんだ!しかも準備万端で快適に!玄人っぽく!(←ここ意味不明)』


その日からちょうど2ヵ月後。

 

キャンプのキの字も知らなかった私は
アウトドアのことなんて右も左もわからぬまま、

女友達2人を誘い、無謀なキャンプへと出かけました。


あれから5年。

毎週毎週、冬でも雪でも嵐でも、バカみたいに外に出かけてキャンプしまくって、
もう何がきっかけでキャンプを始めたのかすら忘れてしまうぐらいどっぷりキャンプの世界に浸かって、自分も周りも生活全てがアウトドア一色になりました。

 

 

そして2012年。

KESENの復活&キャンプインの2DAYとなることを知り・・・・。

 

 

-------

 


KESENに出会わなければ飛び込まなかったアウトドアの世界、

そして得られた、フェスでキャンプ泊するには充分すぎるキャンプの知識。

 

そんな、何も知らない人よりは多く知ってる知識を使って、

「KESENに初めて行くひと」

 

「フェスでキャンプしたことなくて不安なひと」

「準備が足りずフェスでつらい思いをしたことのあるひと」

のヒントになるようなものができないかな?
KESENに参加する人にも創る人にも役に立つようなことが、何かできないかな。

 

そう思ってこのサイトを作りました。

 
このサイトも今年で3年目。
今年も、誰か一人でもいい。役に立てたら嬉しいな!

 

いや・・・誰の為にもならなくたってかまわない!
やりたいんだやらせておくれよっ!


                                        the camp band サンダー

 

 

 

トップへ戻る

KESEN ROCK FESTIVAL2014 公式サイトへのリンク

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2013 the camp band All Rights Reserved.